Premier School よくある質問

よくある質問

入園について

プリミアスクールキンダーガーデンへの入園を希望される方には、面接を受けていただきます。

定員を超える予約申し込みがあった場合は、定員から優先者(原則として兄姉がプリミアスクールを卒業もしくは在籍している方)を除いて、面接対象者と補欠順位を公開抽選で決定し、面接対象者のみ面接を行ないます。定員に満たない場合には、その後、随時面接を行ない、入園予約の合否を決定いたします。なお、補欠資格は入園年度の8月末日をもって失効いたします。

入園案内のページをご覧ください。

プリミアスクールでの園生活について

年少入園後、子供達は英語の時間に先生の英語に慣れ、英語による指示に合わせて行動できるようになります。プリミアスクールK4での生活が始まる時点でも、大半のお子様は英語によるコミュニケーション能力がさほどない状態ですが、キンダーガーデンの2年間とエレメンタリーの6年間でクラスメートと共にその能力を高め合っていきます。入園時に英語力が十分でなくても、プリミアスクールで8年間学ぶ間に英語力を高める時間的猶予は十分あります。

また、年少で明泉の環境に順応しながら過ごした経験が土台となり、プリミアスクールで英語の環境に移行しても、年中・年長の子供達と同様に、日々の保育やさまざまな活動で大きく成長していきます。

GrapeSEEDのカリキュラムと教材はお子様がご家庭でも自分で英語の練習ができるよう作られておりますので、原則としてプリミアスクール以外の英語の習い事は必要ないと考えております。

プリミアスクール開設以降、プリミアスクールの園児・生徒で日本語能力の発達が著しく遅れた事例は現時点で見受けられません。また、言語の研究分野において、幼少期から第2言語を学ぶことが、子供の成長に伴って母語の発達にも良好な影響を及ぼすという調査結果も発表されております。

キンダーガーデンの2年間、英語の環境で過ごす時間は確かに長いですが、ほとんどのお子様がご家庭では日本語の環境でお過ごしになられます。また、小学校入学後は日本語の環境にいる時間がより一層長くなり、1年生の子供達はその言語環境の変化に順応していきます。

ただし、小学校入学時には、アメリカ人の先生とアメリカ的な雰囲気で過ごしていた時間が日本人のみで過ごす時間に置き換わるため、その雰囲気的な変化に慣れるのには若干時間がかかる場合があるようです。

家庭での英語学習について

問題ございません。現在お子様が在園中の保護者にも、ご家庭で日常的に英語で会話することのできる英語力をお持ちの方は多くありません。

お子様はプリミアスクールに毎日登園することで、英語を話す十分な機会が得られます。また、プリミアスクールでは、家庭用教材GrapeSEEDを用いてご家庭でもお子様が毎日できるだけたくさんの時間、英語に触れることをお勧めしています。

先生への連絡や相談について

保護者の中には英語を話せる方もいらっしゃいますが、大半の方はアシスタントが担任との間で通訳を行いながら、意思疎通をしていらっしゃいます。アシスタントに加え、日本語を話せる主事(高森)や主任(丸山)、および日本語担任(各園)がおり、保護者の皆様のお話を伺うことができますので、どうぞご安心ください。

給食について

プリミアスクールはクラス担任が外国人であり、給食に含まれている食材の把握やアレルゲンの見極めが困難なため、アレルギーをお持ちのお子様の給食注文はお受けしておりません。

また、行事につきましても園から提供するおやつが食べられない場合は代替品をお持ちいただく機会が多くありますので、あらかじめご了承ください。

デイケアのおやつに関しましては、なるべくアレルギーのお子様も食べられるものを考慮いたしますが、 食べられない場合はご家庭よりおやつをお持ちください。

薬の投与について

園ではお子様に体調のすぐれている状態で登園をお願いしたいと考えておりますが、病気の回復期などに登園なさる際に、医師から処方された薬に限り、薬の投与をしております。

保護者の方には所定の用紙に必要事項を記載の上、担任にご提出いただき、担任がそれにもとづいてお子様に薬を投与いたします。

預かり保育について

現在、たくさんの園児がデイケア(預かり保育)を利用していますが、ご両親がお仕事をされていて勤務証明書を園に提出することができれば入園時に手続きをしていただき、受け入れております。

年少入園に関わる「よくある質問」はこちらからご覧ください