幼稚園 > 日本語保育の特色

JAPANESE CURRICULUM
日本語保育の特色

<文字の活動>

1. ⽂字への興味をふくらませる保育

子ども達がさまざまな場所で目にする平仮名、カタカナ、そして漢字。 明泉学園では、就学前の子ども達でも文字に興味を持てるよう、園生活や 詩歌などの中で楽しく自然に文字認識ができる環境づくりを進めています。

2. 歌や聖句にある漢字への興味

明泉では、音楽による情操教育を大切にしていることから、保育の中でたくさんの歌を歌います。また、聖書の言葉も保育の中で子ども達に伝えています。
新しい歌や聖句を子ども達に教える際、平仮名、カタカナ、漢字で歌詞や句を表記し、子ども達は先生がなぞる指に合わせて楽しく覚えています。
頭の中に漢字は難しいといった固定観念を抱かせることなく、文字を読もうとする自然な興味を促しています。

3. 心おどる物語を本で読む

年少(3歳児クラス)から年長(5歳児クラス)まで、漢字仮名交じり文で楽しい物語を読みます。生き生きとした挿絵が読む気持ちをさらに盛り上げ、子ども達は「このお話、これからどうなるのかな?」とわくわくしながら文字を目で追っています。

写真:日本語教育の様子1

写真:日本語教育の様子2


<アート活動>

明泉幼稚園のアート活動は、美術造形を通して子供自らが考え、自分の思いを心のままに表現する力を伸ばすことを目的としています。
年少では全身を使っての絵の具遊び、年中ではハサミで切ったいろいろな形の紙を組み合わせて模様・形を構成する活動、年長では白い傘に思い思いの絵柄を描き、「世界で一つの自分だけの傘」の制作を行うなど、年度ごとに多彩な活動に取り組んでいます。


<音楽活動>

年間100曲前後の歌を取り入れ、生活に歌があふれ、感性豊かで歌の好きな子供を育みます。

写真:音楽の時間


<体育活動>

保育時間内に毎日10分間、担任と運動的な活動をしたり、園庭の地形や遊具を活かして設定した「チャレンジコース」を歩いたり走ったりすることで、体を動かすことが好きな子供を育みます。また、年間10回程度、体育専任講師による指導も行っております。

◎ 明泉独自の課外体育プログラム「FitKids」

FitKids Logo

年中・年長の希望者(抽選制)を対象に、体育専任講師が授業を実施。音楽に合わせてラインを飛びながら楽しくステップを踏むことでリズム感を高める「リズムジャンプ」や、「遊びながら学ぶ」をコンセプトにスポーツメーカーのミズノが開発・販売している体育用具「エリプスセンス」を使用して投力や握力、瞬発力を伸ばす活動など、多様なトレーニングを実施しています。

写真:FitKids

写真:FitKids